×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

赤山明神貴婦人解逅

 

 親鸞聖人二十六歳のとき、都からの帰路、比叡山の麓にある赤山禅院にお参りされました。聖人が神前で静かに念誦していると、陰から美しい女性が現れました。そして聖人が比叡山に帰ることを知ると「私も年来このお山に参詣したいと思っておりました。どうかご一緒させていただけないでしょうか。」と懇願しました。しかし聖人は「比叡山は、舎那円頓の峰高く、止観三密の谷深く、五障(女は梵天・帝釈・魔王・転輪王・仏になれない)三従(幼いときは親に、結婚すれば夫に、老いぼれれば子に従う)の女性は入山することができないのです。法華経にも女性は垢穢にして、仏法の器に非ずと説いております。それ故、伝教大師も結界の地と定めたのです。」と答えて入山できないことをお説きになりました。それを聞いた女性は「たしかに女性は五障三従のさわりがあり成仏できないといわれています。しかし伝教大師も、一切の衆生にはすべて仏性があるとおっしゃっています。鳥や獣にいたるまで、男女の別はありますが、女人だけを除いてはたして真実の悟りに達することができるでしょうか。」と嘆きました。そして「どうか貴僧は、末世の女人の善知識となって御仏の慈悲が届くようにお力添えをお願い申し上げます。」と言って袖から白絹に包んだ玉を取り出し聖人に差し出しました。「これは、闇夜を照らす玉です。なにとぞ御仏の教えを低く卑しい谷に下して、あらゆる人々を導いてください。」そう言うと、女性の姿はどこともなく消えてしまいました。